伝統的な衣装である着物には洋服にはな

3 3月

伝統的な衣装である着物には洋服にはな

伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますが手入れには本当に気を遣います。一斉に虫干しをして畳むときには和紙を入れ替え桐箪笥に戻してまた保管などと念を入れた手入れが必要です。もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば思い切って買い取りしてもらいませんか。眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、季節ごとのお手入れも、少し軽減されます。着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、査定依頼するときは注意しましょう。トラブル例を挙げると、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、その日のうちに急に家に訪れて、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があるようです。悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。警察に古物商の届出を出しているような業者なら、家に押しかけて居座るようなことはしません。

これまで大事にとっておいた、大切な着物を高く買い取ってもらいたい気持ちがあれば、複数の業者から査定を受けどの業者が一番高く買い取ってくれるか調べましょう。ですから、はじめから査定後に買取キャンセルできる業者を探さなければなりません。査定額を比べて、検討した後、一番高値をつけ、なおかつ信頼できる業者に依頼できるよう、買取にあたって条件があるとすればデータの一つとして確認し、十分比較しましょう。

つい最近、祖母の形見だった着物を手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。おそらくほとんど着ることはない着物で、このまま日の目を見る機会がないのも着物にとっていいことではないだろうし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。何軒かの業者で相談しましたが、有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。振袖を仕立て、着るのは人生でも大事な場面ばかりです。ということは、時期と場面限定の着物であり、それ以外着ることはありません。着る時期を過ぎ、譲るあてもなければ、買取業者に引き渡すのも大事な着物を有効活用する道です。ではいくらで売れるかというと、安ければ数千円のこともありますが、いいもので、保管も良ければ数万円以上もありえます。女子の人生では大事な着物でしょうから、持ち込みや宅配で無料相談や査定を行っているところも多いので時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。
私の友人は最近、祖母の形見という着物を手に入れて自分が着るより他の人に着てもらいたいので、買取業者に引き取ってもらおうといろいろな人に聞いていました。ものはいいそうですが、すれたりほつれたりもあるようで買い取りできないときはどうしたらいいのかとあれこれ心配しています。まあ、次の買い手がつく品でないと業者も買い取らないでしょうね。できるだけ新品に近い、傷みのない着物を買い取るのが当たり前ですよね。はじめは業者を探していた友達も、他の人にも話を聞いた結果、買取をもういいと思ったようです。

多くの着物買取業者では、着物と帯の他に帯に合った帯締めや帯揚げなど小物も買い取りを行うことが多いです。セットと言っても、襦袢は例外のようです。襦袢を下着だとみるところが多く一度でも着たものは買い手がつきません。それでも買い取る可能性があるのは未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば業者によっては買い取りの可能性があります。遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

いろいろ思い入れのある織り着物を持っていて、折々の手入れも欠かさず、大事に保管していましたが、洋服しか着ない毎日ですし、その着物を着る機会は今後なさそうなので処分するなら今だと思いました。着物の買取についてネットで検索したところ着物買取専門の業者もあることがわかりました。ただ捨てるよりも、次の人に譲った方が着物にとってもいいだろうと思い、買い取りしてもらうことを決心しました。

着物の買取に取りかかる前にどんな着物に高値がつくのか調べてみると、共通点がありました。素材や色柄、仕立てが上等であることが必須条件でしょうが、加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなども査定のときにはシビアに見られるようです。もとがどんなに高価だったとしても査定のときに傷が見つかったら大幅な査定額減は避けられないようです。

最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。一方で、合繊・化繊やウール着物については、本来の価格が低いですから、着物買取業者でも値付けが低かったり、断られることもあります。リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、引き取ってくれる可能性が高いでしょう。

管理人のお世話になってるサイト⇒着物 処分 リサイクル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です